東京都市大学 坊垣和明教授が薦める住まい。
自然エネルギーを活用し家庭電力量を抑える工夫を施した近未来の住まい「イオ」をお薦めします
坊垣教授写真

つくば豊里の杜で販売されているゼロエネルギー住宅イオは、暖房で必要なエネルギーを抑えるために断熱材や気密性を工夫し、日射遮蔽や外気などを取り込むシャッターを組み合わせて夏の涼しさを演出する、省エネで快適な住まいです。また、太陽光発電などを利用し、電気代をゼロに抑えた近未来のソーラーハウスです。

年間で必要な熱・電気エネルギーを茨城県の気候風土に合わせて計算し、それと同じエネルギーを太陽熱や太陽光発電で賄い、年間のエネルギー収支をゼロまたはマイナスにすることを目指しています。これは、分譲タイプでは初めてです。

ゼロエネルギー住宅イオは、太陽光エネルギーを直接電気に変換する方法でミニ発電所を家に備えたようなものです。余った電力は電力会社に売ることができます。通風や太陽熱を利用して暖冷房や給湯用さらには家全体の電力(エネルギー)消費を抑えることで、電気(エネルギー)代ゼロが可能になりました。

注文住宅でゼロエネルギー住宅を建てようとすると、試算から設計まで、建築士に依頼してかなりの費用がかかります。ゼロエネルギー住宅イオはそれらの経費も抑え、購入しやすい価格設定で販売されています。

つくば市内でエコハウスを建てたいと考えられている方に是非お薦めしたい、近未来のソーラーハウスです。

坊垣和明プロフィール
1949年兵庫県生まれ。北海道大学工学部建築工学科卒業。工学博士。一級建築士。
専門は建築環境工学。室内環境の快適性、省エネルギー、シックハウス問題などに取り組む。
著書に『日本で実践するバウビオロギー』(共著、学芸出版社)、『民家のしくみ』(学芸出版社)、
『オフィス の室内環境評価法』(共著、ケイブン出版)など。
坊垣教授プロフィール写真